全部だきしめて。

オトコ心とアソビ心のPhoto&Essay、ついに統合エディション!‥‥とか

っらっしゃーい(^O^)/
 ・写真ブログもヨロシク → 風Photoへ 
      
<< そして今夜も眠れない | ホーム | 夏は駆け抜けてこそ夏。 >>

main contents

一定期間更新がないため広告を表示しています

-, -  本文の先頭へ▲


今日、会社でさぁ、、、何の前触れもなく唐突にイキナリ、
「緊急地震警報の試験放送です!」
な〜んてアナウンスがあって、あの、昨年スッカリ耳に馴染んだ「チャランラーン♪チャランラーン♪」が大音量で流れたんですね。
わかりますよね?チャランラーン♪の「ラーン♪」が上がるヤツね。アレです。
「2秒後に揺れが来ます、予想される震度は6弱です。身の安全を確保してうんたらかんたらチャランラーン♪」
って、そりゃもうけたたましいのケタタマシクナイの、もちろんけたたたましいワケですよ。

びっくらこいた。心臓に悪いからやめれ(^◇^;)
ま、今日は不整脈の日と違うからいいんですけどさ。

しかし繰り返される「チャランラーン♪」の中、ルミに「本チャンが来たらまずは俺の身の安全を確保しろよ、俺が押し潰されそうだったら身を挺して守れよ、全てはそこから始めよう(^O^)/」とか持ちかけて、「イヤです!!!」などとキッパリ断られたりしながら、俺は考えた。
‥‥世間は冷たい。。。

いや、そうじゃなくって、あの「チャランラーン♪」のフレーズってさ、あまりヨロシクないのではなかろーか。
そんなコトを思ったワケですよ。

あの不協和音めいたフレーズはさ、いたずらにヒトの心に不安感を抱かせる。
いかにも、いかにも避けられぬ生命の危機が足音を轟かせ、曙のような巨体でもって俺に向かって突進して来つつあるかのような、底知れぬ恐怖心と絶望感を呼び起こさせる。
ぶっちゃけヒトのやる気を根こそぎ削ぐようなブキミ悪い戦慄の旋律だと思うのです。ワタクシ的には。

子供なんか泣き出すんじゃねーの?
10人に4人は身が竦んで適切な行動に移れないんじゃねーの?
そんであと2人っくらいはパニック起こして心臓おかしくなって救急車呼ばなきゃならんような事態を招きかねんフレーズだ、あれは。
そして俺は俺は、その2人のうちの1人に入る。きっと多分おそらくは(^◇^;)

まーね、確かに地震は危険ですよね。それは分かるのよ。
「6弱」とかさ、俺の職場なんか崩壊するもん。なんせ何もなくても朝会社行ったら天井が剥げ落ちて床に散らばってたりするんだもんよ。多分「5強」で瓦礫と化すね。俺は肩の骨を折る。
‥‥その場合、天災だけど労災効くよねぇ?(^◇^;)

ま、労災が幾らおりるかは置いといて、危険が伴う以上、警戒芯を喚起すんのは結構なんですよね。
しかしながら、不運にしてそーいう時と場に居合わせた時こそ、ヒトは落ち着いて対処せねばならん。
全力でこの危機と闘わねばならん。
五感を研ぎ澄まし場合によっては第六感まで総動員し、潜在能力のありったけを余すところなく引きだして、襲い来る不条理を正面打破せねばならんとゆーのだ、ヒトは!!!
心頭滅却すればテレポートだって出来るのだ、ヒトは!!!

でさ、ヒトが持てる能力をね、最大限発揮するためにはですね、リラックスが大事なワケです。でしょ?
それと適度な興奮状態、アドレナリン出しまくりの無敵モードでもって、戯れ言の三つ四つ口走りながら鼻歌混じりでヘルメットかぶったり机にもぐったりしてな、それでこそ想定外のハプニングにもそれなりに対処出来るってもんで、そーいう観点から、あの「チャランラーン♪」は極めてヨロシクナイ。

どっちみち、来ちまえば避けようはないんです。怖がろうが面白がろうが、揺れ出したら俺の会社は崩壊する。
ならばいたずらに恐怖心をあおるBGMはいるまいよ。緊張感持ってればどーにかなる相手じゃねーんだから。
そもそも俺はシリアスは好かんのだ。

ならば、と、テンペイは思った。旋律が精神に与える影響は大なのだから、もっと有効利用は出来んものか。
例えばよ、例えば‥‥いや、冗談で言うんじゃないんだけどね、かな〜りマジなんだけど、幼児や児童のためにはミッキーマウス・マーチとかどーですか?
♪チャンララン♪チャンララン♪チャンラランララーン♪地震がきまーす。よい子の皆さんは机の下にもぐりましょう〜、チャンララン♪チャンラ‥‥とかよ。
普段からそーいうの訓練しとけばさ、警報と同時にBGMに合わせて体が反応するかもしらん。

同じ狙いでもって、若者にはラップ、老人にはラジオ体操バージョンなんてどーでしょう?
「本日はさわやかな風薫る高原の村から地震警報をお伝えします。腕を大きく伸ばしてガス消しの運動〜、ソレ1、2,3」とかよ、流れ作業でもって身を守り二次災害を防ぎ避難袋を背負い避難所へ向かう一連の動作を軽やかに遂行出来んもんか。
イヤ、その過程でね、万一死者でも出たら「不謹慎だ」って叩かれるだろうけどさ、しかし大局的に見た場合、難事も軽やかに受け流す精神力こそが明日への活力に繋がると思うのだけどなぁ。



ま、ボク個人としてはですね、動作を促されるよりは闘志をかき立てられるようなのがいいな。
ロッキーのテーマとかがいい。「何が何でも生き延びて、必ずもう一度栄光をこの手に!!」とか意味もなくその気になりそうでいい。
チャチャーチャーーー、チャララ〜地震です。デカいよ。チャチャーチャー、チャララ〜、運命とは、闘って切り開くものだ、さあ、行け!!!チャラランチャチャチャ〜♪
とかなら、言うことはない。


‥‥ハッチーさんなんかさ、「網走番外地」流しときゃ、鉄骨の下敷きになったパート20人くらい助け出しそうな気がしないでもない、うひゃうひゃ。


-, trackbacks(0)  本文の先頭へ▲
-, -  本文の先頭へ▲
この記事のトラックバックURL
url:http://rebels7.jugem.jp/trackback/779

site information

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
designed by