全部だきしめて。

オトコ心とアソビ心のPhoto&Essay、ついに統合エディション!‥‥とか

っらっしゃーい(^O^)/
 ・写真ブログもヨロシク → 風Photoへ 
      
<< そんな時 僕はバーボンを抱いている | ホーム | 逃げるも留まるもヒトの道だが、ココロの準備はしておいても損じゃない。 >>

main contents

一定期間更新がないため広告を表示しています

-, -  本文の先頭へ▲


ヒトの一生は出逢いと別れの繰り返しだよね。
そーしてどんな出逢いも、それは必ず別れとセットでやって来る。
ボクは何が苦手と言って、別れがいっちゃん苦手なオトコだ。

相棒として使って来た物品との別れさえ苦手なくらいだから、飼ってるネコとの別れとかなったらもう、結構ナミダ堪えたりしてんのな(笑)
死別じゃなくって、ただ単に同じ村ん中で貰われて行くだけでも、子供らより俺のほうがショボくれる、、、バカだね〜(^◇^;)

そんなくらいだから、ヒトとのサヨナラなんつったら、それはもう、間違いなく一週間一ヶ月くらいは引きずるね。
不条理な別れだと尚更だね。

でも、ま、悔やんでみてもしょーがない。
ヒトは皆、それぞれの思惑でそれぞれの世界を生きている。

一つのエピソードの終わりは新しい物語の始まりを意味するんだもんな。
後には想い出と感謝ばかりが残る。ウラミゴトなんてあろうはずもない。
だからこそヒトは辛さを乗り越えて、また旅を続けるコトが出来る。
そ−いう風に出来てるはずだ、多分!!!

な〜んて、強引にポジティブな今日の俺であった\(__ )


傷つけることはしたくない 優しさがわかりすぎて
バカヤロウって言ってほしかった
それだけを言い忘れたのでしょう‥‥
- 吉田拓郎 「ともだち」 -




にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
-, trackbacks(1)  本文の先頭へ▲
-, -  本文の先頭へ▲
この記事のトラックバックURL
url:http://rebels7.jugem.jp/trackback/760
この記事のトラックバック
風Photo 第2章, 2011/03/09 12:34 AM

♪ やるせない思いを胸に 友だちは去りました  今日という日の来ることは  避けられぬことだったのでしょう  ‥‥‥‥   「ともだち」 by 拓郎 ※珍しく本ブログも更新しちゃったぜ。スライドですぜ。とくべつ連動企画(笑) ‥‥本家なのに「珍し


site information

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
designed by