全部だきしめて。

オトコ心とアソビ心のPhoto&Essay、ついに統合エディション!‥‥とか

っらっしゃーい(^O^)/
 ・写真ブログもヨロシク → 風Photoへ 
      
<< 週刊・フェンスの向こうのアメリカ(7) | ホーム | 冬の華 >>

main contents

一定期間更新がないため広告を表示しています

-, -  本文の先頭へ▲




幕末の英傑、高杉晋作は、決して「困った」と言わないコトを信条としていたのだそうだ。

「困った」時点で知恵も曇れば思考も鈍る。
考え込んで答えをヒネり出すまでの間、時が付き合って待っててくれるワケではないのだ。
ひたすら先へ疾駆したい男にとって、逡巡は邪魔なだけだったのだろう。



緻密な思考能力を有しながら一瞬のひらめきだけに賭け続け、奇跡的に全てを成功させた幕末の火の玉ボーイ。
そんな高杉は、短かかったその生涯の晩年、竹の絵ばかりを好んで描いたという。

維新という大舞台を目前に病に倒れた高杉の眼には、若竹の逞しい生命力が限りない憧憬の対象となったものか。
あるいは、常に天に向かって真っ直ぐに伸び行き、決してその節を曲げない竹の姿を、自らの生き様になぞらえていたのだろうか。



長州藩、高杉晋作 享年二十七。
「おもしろきことも無き世をおもしろく」
病床で吟じたというこの句に、高杉の筆による下の句は、ない。



‥‥とか、竹の写真が余ってたんで書いてみた\(__ )

comments(3)trackbacks(0)  本文の先頭へ▲
-, -  本文の先頭へ▲
この記事のコメント
CC, 2010/07/23 6:52 PM

2009.2.15 21:21:51 おやかた :
え〜、わたしンとこと、見事にカブりました、写真ww
ってか、決して嫌がらせではないですよ〜〜、Exif情報の撮影日を見てね〜ww
だんだんDaiさんとは、ふたりでひとり(#^-^#)


21:25:49 タイニーエンジェル :
またコメ1番だ〜
竹ですね。人生の節目ですか?
つるっとしてる人もここにいるよ。
あっ、『くんくん』のバック曲は『Snow Cherry』なんですが、焦りとズレが感じられます。
はやく節目つけなければ・・


21:31:06 おやかた :
あのね、タイちゃん、一番はワタクシですが、なにか?ww


21:31:11 Dai :
あと4枚くらいあるんですよ、竹。
でも俺の形式だと文章との兼ね合い上そうそう載っけられん‥‥

ってか、今日のテーマは高杉だから竹がカブろうが伊勢三郎だろうが西郷四郎だろうが一向に構いませんが何か?w


21:39:17 Dai :
タイニーちゃんw
‥‥つるっと遅れてきたオンナw

くんくんのバックストロークはいい響きしてたよー
ズレは多録のせいだと思ってた
全体にもうちょっとリバーブ深くしてうっすらコーラスかけると音が馴染むかなと感じたんだけど、おやかたさん、どー思う?


22:00:05 おやかた :
へ?「くんくん」ってどうやって聴けばいいの?
ってか、ひとの話ぜんぜん聞いてないってか、
空気読めないってか・・(^^;;
すんません・・・・


22:05:51 Dai :
>>おやかたさん
タイニーの仕事だと思うんだけどな〜(^^ゞ
ここ↓
ttp://www.youtube.com/watch?v=-DCvAGDn518&feature=channel_page

タイニーちゃん、晒しちゃったけどいいかぁ?

この記事のコメント
CC, 2010/07/23 6:54 PM

22:27:19 おやかた :
あー、ようつべね。
了解でし。お手数掛けましたあ!!


22:42:42 Dai : あいよ、
‥‥とコメ消そうと思って念のため確認したら、タイニーのホムペに完全版が埋め込まれておった(^^ゞ
よって据え置き。


23:26:42 おやかた :
へい、完全版も聴いて参りました。
AからBに移るブリッジ(・・でいいのかな?)のとこのコードチェンジが難しいのであせって走った、ってことかな?
これはひたすら練習っす!!王道はないよん!!
スムーズにコードチェンジ出来るまでひたすら練習。録音時はメトロノームをモニターして、走ったりもたったりしないよう、何度もトライ!!リズムが決まればメロディーパートも気持ち良く弾けるもんね。
おやかたも、もう10年以上前、MIDIとMTRで多重やったことがあるけど、50や100TAKEはあたりまえ。さあ、タイちゃん、がんがん練習したまえ(^^)


23:39:35 Dai :
>>おやかたさん
おーい(^^ゞ
いーことゆっとるけど、ココで語られてもな〜(^^ゞ
って思ったが、「どう思う」って振ったのは俺か。

タイニーちゃん、曲調はいいと思うよ。
俺はあーいうエイトビートストロークの切な型のメロディラインは好きだな。

ところでおやかた、ウチのバンドはほとんど一発録りだったけど、多録やっても3TAKEくらいで拍手して打ち上げに走りましたが何か?w

てか、誰も高杉の話題をしてくれない(;.;)


2009.2.16 20:39:37 タイニーエンジェル :
うん、わかった。


21:00:04 Dai :
今度は歌付きで聞かせておくれ(^^)v

この記事のコメント
CC, 2010/07/23 6:56 PM

21:52:44 tetujin :
すげー。タイニーさんって、ただモンではなかった!!

”すみなすものは心なりけり”(つω`*)テヘ

えーと、山口に住んでた時に、晋作の墓のある東行庵まで遊びに行きましたよ。
吉田松陰が唱え、晋作が実行した維新革命の思想がなかったら、今の日本はどうなっていたんでしょうね。
晋作。彼も、ただモンではなかった!!


21:55:40 tetujin :
つうか、13番目のままで終わるのがイヤで・・・。

Daiさんの歌も聞かせてください!
はい、14番目。。
では、一曲。
♪次の夜からア かける満月より
14番目の つきが一番スキ♪

失礼しました。m(_ _)m


22:14:46 Dai :
>>tetujinさん
放浪の旅からのご帰還、お喜び申し上げますm(__)m
タイニーちゃんはハナからタダモノではないやね。天使にあられまする。

‥‥その下の句は野村の尼さサンじゃんヽ(`Д´)ノ
言わずもがなのコト言ってるからスキではないのです

僕も、ちょうど阪神大震災が起きた頃、三週間ばかり東行庵徒歩圏内で暮らしてて、意味もなく足を運びましたねー、何度も。
高杉晋作はワタクシのヒーローにございますm(__)m

14番目‥‥( ゜Д゜ノノ”☆パチパチパチパチ
ワタクシには現在、ボーカルを録音できる機材がございませぬm(__)m


2009.2.17 21:43:51 Grayman Returns :
良いですね。
とても良いエッセイです!(^^)!
「起承転結」に配置された“竹の写真”も又、凄く良い。

そしてDaiさんの話を聴いていると…、
まるで、吉田松陰と高杉晋作を書いた司馬遼太郎さんが、我々の目前に甦られたような気がしてきました(^^♪
爽やかな“ブログ記事”に…、I’ll boost your rank up through my click.


21:53:32 Dai :
>>Graymanさん
こんばんは(^^)v
竹の写真をバカスカ撮ってはみたものの、料理しようがなくて、苦し紛れにやっちゃいましたー(^^ゞ

>まるで、吉田松陰と高杉晋作を書いた司馬遼太郎さんが、我々の目前に甦られたような気がしてきました

Graymanさん、しーッ(;^_^A
ケツの三行はモロに司馬さん意識した表現なんだからバラしちゃダメですって(笑)

コメントする









この記事のトラックバックURL
url:http://rebels7.jugem.jp/trackback/658

site information

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
designed by