全部だきしめて。

オトコ心とアソビ心のPhoto&Essay、ついに統合エディション!‥‥とか

っらっしゃーい(^O^)/
 ・写真ブログもヨロシク → 風Photoへ 
      

main contents

一定期間更新がないため広告を表示しています

-, -  本文の先頭へ▲



最悪3、4人からのスタートかな〜、と覚悟していた写真サークル、一夜明けたら13名の大所帯になっておりまして、まだ準備期間で環境は整ってないわ、横の伝達は滞るわ、レイアウトは崩れるわ、もーひっちゃかめっちゃか(^◇^;)

つきましては当ブログ、チョッとの間更新をストップします。
だってコッチはどーせ気まぐれ日記だが、向こうには責任つーもんがあるっしょ。
俺にだってあるのよ、責任感のちょっとくらい。まー吹けば飛ぶような責任感ですけど。

ところで、あーいった集まりに寄せる思いってのは、ブログ同様人それぞれだと思うのですね。

純粋に自身の向上の場として無駄のない活動を期待する向きもあるだろうし、あわよくば一攫千金大願成就を夢見て積極的対外活動を望む向きもあるかもしれない。
淡々と冷静に写真を批評しあいましょうよってのもいれば、いんや趣味なんだから楽しければいいじゃんって言う人もおる。
写真よりも写真を通しての「触れあい」が楽しみたい人もおれば、そこで出来た絆に至上の価値を見いだす者もおる。

そーいう場を作っちまっててこんなコト言うのも何だが、実はボクには定見も目的意識もなかったりする(^◇^;)

‥‥何だっていいと思うんだよねー。人は皆、自らの生を生きるイキモノなのだから、一つの場を共有しながらみんな明後日の方を向いてたっていーではないか。
無理にベクトルを集約させるのは個性の埋没に繋がるだけではないのか?
な〜んてコムズカシイことも実は考えてなくて。

そこに刺激とトキメキがあればいい。それを生かすも殺すも、あとは受け止めた側次第っしょ?

ただ一つ心の底から願うのは、人は独りじゃない、その実感が感じられる場になってくれればなぁってコトである。

思えば学生の頃、、、、つってもジャーナリスト専門学校除籍処分のこの俺が大した学生時代を持ってるはずはないのだが(^◇^;)
まー学生の頃も、その後の食えないバンドやってた10年間も、完全な孤独とは無縁だったように思う。
むしろ独りになりたいのに、何をやってもどこに行ってもお連れサンがいて、いや俺は俺は今夜はオトコの生き様といったモノに付いて夜通し考えたいのだ!とか宣言しても「おー、そうかそうか。ならば今夜は飲もう、飲み明かそう、そんで始発でサウナ行くぞーっ」とか、そんなんばっかりでよ、
‥‥正直楽しかった(*^^*)

嫁サンもらって子供が出来て、否応なく家庭つーもんを背負わされた頃から、「あと5分も待てば誰かに会える」そんな場所を失ったように思う。

まー家庭は家庭でさ、坊主が三頭身だったあたりまではそれはそれは可愛くて、家帰ってガキの顔見るのが楽しみで楽しみでしょーがなかったんだけどさ、それが今はアンチクショー、イッチョマエの顔しやがって帰省すると自分の人生何ぞを語りやがって、テメー俺に向かって人生語んのは15年はえーぞ、勝負すっか?

ま、それはそれとして、ネットの付き合いつーのはやっぱ回線のお付き合い、互いの顔はもとより氏素性さえ定かには知らず、そんな折も折、今日のメシ時にハッチーが俺の顔写真をTwitterに投稿するという暴挙に出やがって恥ずかしいったらありゃしねぇ(^◇^;)
いつか復讐しちゃる(^◇^;)

あれ?何のハナシでしたっけ???

あー、だから回線の付き合いなんだけどさ、氏素性も知らないんだけどさ、そんでもやっぱ顔合わせる機会が増えれば、そこにリアル社会と同じような感情の流れが生まれるのよ。血の温もりを感じるの。
俺はそーいう場の雰囲気が好きなのよ。自分がその輪にいなくても好きなの。寂しがり屋のノラ犬だから!(^◇^;)

そんなワケであの場がさ、楽しい時も悲しい時も、同じ趣味持つ誰かと思いを分かち合える、そんな場になることを夢見ちゃってたりするワケです。

だからコッチ休んだっていーんだもんねー。


 ※記事タイトル 長渕剛「夢破れて」より







comments(9)trackbacks(0)  本文の先頭へ▲
♪古い水夫は知っているのさ、新しい海の怖さを〜

にもかかわらず、古い水夫が新しい船に乗って新しい海に出る。それもまたいいじゃないですか。
縁側で猫抱いて日向ぼっこするには早過ぎる、つーんですよ。

ってなワケで、五月一日から新しい多人数参加型写真ブログが活動を開始することになりました。
古い水夫も新しい水夫も混ざり合ってのスタートです。

「あれ」から四ヶ月、違う流れに身を置いたつもりでも流れ着く海は決まっていたのかもしれません。
失敗は、それを乗り越えるコトが出来れば失敗ではなく成功への礎ですね。
今度はうまく行きそうな予感がぷんぷんすんだよぁ(^◇^;)

とりあえず告知を前に九名の参加が決まりましたが、参加者は随時募集中です。
基本的にひとり遊びになりがちな趣味の写真ライフにもっと刺激が欲しい方、気軽に参加してみませんか?

詳しい内容は以下にて ↓

http://photo01.exblog.jp/11002985/

今夜辺りからボツボツと参加メンバーの自己紹介なんぞが始まるのではないか、と思われます(^^ゞ
そんでマコトに鬱陶しい話ではありますが、日頃当ブログと親交のある方のもとへは、不肖テンペイ、一回だけお誘いに参上するやもしれません。
無理強いはしませんけどねー。「こられちゃたまらん」とか思ったら、ボクが行く前に参加を表明してくれてもいいんですけど、うひゃうひゃ。

参加は上記ブログへのコメント、メンバーの誰かとの個人的なやり取り、どちらでもお受けしております。

‥‥同じアホなら踊らにゃ損、って言うっしょ?(^◇^;)


 ※記事タイトル よしだたくろう「イメージの詩」より



comments(6)trackbacks(0)  本文の先頭へ▲


えー、本日より新生「へっぽこ写真倶楽部」が再始動致しましたm(__)m

イキナリ言われても何のコトやらワケ分からんヒトも多かろうが、当ブログ右サイドに張ってあるバナーがそれですm(__)m

写真好きブロガーの、ブログ間だけの行き来を越えた交流を目的とした「大人のお遊び」の場です。

もともとの発足がナシクズシ的であったため、色々とつまずきやホコロビがありまして開店休業状態にあったのですが\(__ )

今回、現有メンバー間で新たに基本方針を引き直しまして、より自由度の高いお遊び場としてスタートしました。ぱちぱちぱち。

まー大したコトやってるワケじゃないし、方針も再確認的な意味合いが強くて、そんなに中身が変わったワケでもないんですけど。
しかし肩の力を抜いて遊べる「大人の倶楽部」になったんじゃないかな。

基本的な活動は、毎月の同一お題での写真撮り比べ。そんだけ。
で、ヒトの写真見てあーだこーだ言い合うのな(^^ゞ
それ以外は、遊びたいヤツがノリで遊んでるだけ。

だが、しかし、回を重ねるごとに明らかに参加者の写真の質が上がってきておる、と、個人的には思う。
参加してるとやっぱり「大向こうをうならせたい」ってな気分が沸いてくるのが人情だと思うし、同一お題の撮り比べってコトで他の参加者の写真から受ける刺激も大きいんですよね。

その名の通り「へっぽこ」を自覚してるよーな写真好きのヒトは、急激なレベルアップが見込める。‥‥かもしれない。知らんけど。

いや、偶然撮れちゃった自分撮りをアップしたからと言って、上の写真の被写体のヒトが、 ”「へっぽこ」を自覚してるよーな写真好き ” の1例ってワケではないぞ、念のため(^^ゞ

そんでもって、飛び入り参加も随時募集しておる。「大賞」を決めるシステムもある。
腕に自信のあるヒトもへっぽこを自認するヒトも、ひとつ参加してみやがれ、ってんだベランメー。

‥‥って、ボクは今、飛び入り参加者を募っているのだが?
ヒトにもの頼むのにエラソーな態度はイカンよな〜。

言い直そう。コソッと言い直そう。

「へっぽこ部員何するものぞ、俺が参加すりゃ一発で大賞よ」とか思うヒト、そんなに甘くないのだ。ウソだと思ったら試してみやがれベラ‥‥‥‥違う違う、一度参加なさってみたらいかがでしょう?
意外と刺激になって、いい発見あるかもしれませんよー(^O^)/
‥‥ないかもしれませんけど。

「写真は好きなんだけど、どうも腕がついていかなくて」とかお嘆きのアナタ、当部には教え上手の腕の立つ輩がいっぱい‥‥‥‥違う違う、部員の写真みてどーーーんと自信がついて、写真がぐんと楽しくなるかも知れません。ぜひぜひ参加してみて下さい。

あ、今月のお題は「みずのおと」、提出締め切りは7月29日ですm(__)m
参加してみよっかな〜、って思った方は、当ブログまたは他の部員の方々のブログ、もしくはバナー先の「へっぽこ写真倶楽部」ブログのいずれかへ、その旨コメントでお知らせ下さいm(__)m

まだ飛び入りの受け入れ体制は万全ではありませんが、ダイジョーブダイジョーブ、何とかなりますって(^◇^;)

ってなワケで、へっぽこ写真倶楽部はアナタをお待ちしています。
ヨロシク(^^)v








comments(6)trackbacks(0)  本文の先頭へ▲

へいへーい、へっぽこ写真倶楽部のお題提出日ですよー♪

日付変わると同時にお題アップして、もう遠くに逃げちゃったヒトもおるよ〜ん。
俺もトットと上げて菜の花でも撮りにいこっかなー。

そんなワケで、先月の気合いとは打って変わって、今月はサラッと行きます(^^ゞ
ここまで逆上気味に喚きチラして来たように、ボクにとって桜は特別な存在なのです。
桜は「桜」か「さくら」でなければならん。

従って「SAKURA」のお題でホンモノの桜写真を上げるなど、ボクの大和魂が許さない。

ってなワケでコレです、1枚勝負ですぅーww (^^)v(^^)v(^^)v(^^)v(^^)v ↓

手抜きを許せ、ちゃんちゃん♪




comments(18)trackbacks(0)  本文の先頭へ▲

特に用事もなく、今日は久々の完全休養日だったワケです。
でも雨だし寒いしここ2週間ばかりの疲れが溜まってるしで、家から一歩も出たくないんですね。
ボクは軟弱ですから。
で、珍しく引きこもりまして、PCとiPhoneにひたすらかじりついてた今日のワタシです\(__ )

このブログ、iPhoneから更新できるかなーとか実験したりしてな。
そーいう次第で、今日の日中おそらくは午後1時過ぎの昼下がり、当ブログに若かりし日の石野真子のカワイイ画像と賛美の記事が一瞬アップされ、15分後に削除されたコトを知るものはいまい、うひゃうひゃ。

そんでfc2ブログサービスにもうイッチョブログ立ち上げました。
「へっぽこ部」の部室なのですね。
部員の方にはIDとパスワードを差し上げ、全員が好きにいじれるブログといたしました。
なんせ俺は広報だからね、広報。
それなりに大変なのよ。ホントですよ。疑ってはイカン。


で、今日は「へっぽこ部」について改めてオハナシしよーと言うのだ。
旧ブログ見てくれてたヒトは流れは知ってるだろうけど、ここではまだ触れてないから、新たに訪れたヒトには何のことやらチンプンカンプンでしょ「へっぽこ部」

まぁ、今後は「部室」を覗いていただければイロイロ分かると思います。まだチョッと混沌としているが。


え〜、「へっぽこ部」、正式名称は「へっぽこ写真倶楽部」、名前からしてお分かりのように、ギャグに始まりノリで活動し、数多の恥ずかしき伝説をばらまきながら流星のように消えて行くであろう宿命を背負った団体であります(^^ゞ

毎月一度、最終水曜日にお題にそった写真記事を一斉にアップします。
それを批評し合いまして、見事「へっぽこ大賞」に輝くと、なんと自費でハワイに行けるんだそーな。
ビックリです。俺、パスポート持たんけど大丈夫?

そして新たな特典として、部員のブログは部室ブログにリンクが貼られます。
「そんなもん特典じゃねーよ」って思ったでしょ、今。
とんでもない。
これは逆に言えば、部員にならない限りぜーーーったいに「部室ブログ」にリンクが貼られることはない、ってコトで、泣いて頼んだってダメなのだ。
そう考えれば価値もあるというものだ。

で、創立以来、つってもまだ10日も経っちゃいませんがな(^^ゞ
ともかく創設以来、部員は4人から増えておりませぬ。
制約など何もない気軽な部でありますから、写真を愛するブロガーはひとつ入部なさりませい!
入部手続きが速やかに行われるよーにと願いをこめて俺はせっかくの休養日にPCにしがみついて「部室」作ったんだから、俺の汗と涙を無駄にしてはイカンとゆーのだ。
やって来いやって来い、その後のコトなどワタシは知らぬw


ンなワケで、とりあえず部員紹介しときますね。

代表は四つ足動物撮影家、おやかた氏。
得意技は「江ノ島外ネコ撮り」。
「赤胴真空切り」みたいで何だかチョッピリかっこいい。
近頃は風景にも凝っておられる、心の優しいオッチャンです、多分(^^ゞ

秘書だか受付嬢だか専属モデルだか、何やらいっぱい押しつけられて困ってるのは、現状紅一点のタイニーエンジェルお嬢さん。。。お嬢さん????
都会的センスとシュールさにあふれたストリート写真を撮るヒトだ。
‥‥ステキなネーチャンです、多分(^^ゞ(^^ゞ

最高顧問を押しつけられそうになって雑用係を希望し、受け入れられず放浪の旅に出ちゃったのがtetujin氏。
酔いどれライターです。そんで海に潜ったり、空を飛んだり時に落ちたり、テーブルを作ったりやたら活動的なオッサンでもある。
得意技は「水中生物」かな、やっぱ。しかしシネマ的センスの風景写真もイカすのだ。

最後に広報担当のボクですね。
BURAIの旗を振りかざしK10Dでサスラうオトコです。つってるワリに今日は引きこもってますけど。

どうですか?馬鹿馬鹿しいほどに楽しそうでしょ?
面倒なことはイッコもないし、出来たばかりで何の気兼ねもいらない集まりですよー。
ひとつ入っちゃみませんか?、と。

「へっぽこ部」の伝説を作るのはアナタかもしれない!!うひゃうひゃ。

部室「へっぽこ写真倶楽部」への入り口はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
へっぽこ部入り口」\(^O^)/





comments(8)trackbacks(0)  本文の先頭へ▲

site information

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
designed by