全部だきしめて。

オトコ心とアソビ心のPhoto&Essay、ついに統合エディション!‥‥とか

っらっしゃーい(^O^)/
 ・写真ブログもヨロシク → 風Photoへ 
      

main contents

一定期間更新がないため広告を表示しています

-, -  本文の先頭へ▲
何か知らんが体が鉛のよーだ。悪い海流にとっ捕まった感じだ。
海で溺れた時には、下手にあがいたりもがいたりせず沈むに任せておけば、やがて沈むだけ沈んだら勝手に浮かぶから、と、ガキの頃よく言われたもんだ。
そーいえば俺の故郷よ、大型台風はダイジョブだったかしらん?
まー俺が暮らした40年前とは家の造りから何から違うだろーけどさぁ(笑)



ところで一週間ばかり前に、海に行ってきたのな。
いつもの遠州灘(^◇^;)
高速使わずに日帰りで行ってこれる海、つーとどーしてもそうなっちゃう。

ホントはですね、今回は、今回こそは漁港に行きたかった。
ボクは年に数回、発作的に逆上気味に「海に行きてーーーーーっ」とか叫んでますけどね、
おそらくはコレは、懐かしく懐かしく、されどきっと再び足を踏み入れるコトはないままに俺の人生は幕を降ろすであろうところの故郷の海、そこへの郷愁のなせる業なんですね。
そんな気がする。

従いまして、遠大な太平洋、果てしなく広がる砂浜の遠州灘、嫌いじゃないんですけど、好きなんですけど、しかしボクのさまよえる魂が赴かんとする「海」ってヤツとはやや違うワケですよ。




もっとね、岩浜でさー、ちっちゃい入り江が入り組んでてさー、砂浜あってもその中のホントちょびっとの区間だけでさー、そんで水はあくまでも透明で波は荒く、水底を覗き込めばオンガゼつー触手の長い食うトコもロクにないウニの類がウジャウジャ蠢いとってよ、岩の上にゃヒトデがおってよ、ヒトデと言えばムカデめ、俺の脇下を噛みゃーがって、俺は脇から二の腕まで腫れ上がってヒデー目にあったぞ、怨みは忘れんぞ、まだまだ勝負してくれるわ!!

‥‥じゃなくって、そんな磯の香りのプンプンする海に行きたいのよ。
そんでちっちゃな防波堤の端っこに腰下ろしてね、波の当たるトップントップンいう音を聞きながら塩ムスビが食いたいのよ!!
そんでボサノヴァ調のリズムで上下左右に波間をたゆとう伝馬船なんか飽きるコトなく眺めちゃったりしちゃってさ、波の飛沫が眼に入り七転八倒とかもしちゃってさ、、、おお、海よブラボー\(^O^)/




そんな妄想にまみれてシーツを抱きしめたその週のFridayNight、
ってか、健全なもんでしょ?潮の香りに恋い焦がれて身悶えしてシーツ抱きしめてんだから。対象は柔肌とかじゃないんだから(^◇^;)

ともかく迎えたFridayNight、ボクは思った。どーせなら夜明けの漁港を撮りたい!と。
そんで考えた。朝2時っくらいに旅立てばよ、そんでテキトーに山を下り続ければよ、ちょうど夜明けくらいにゃ、どっかの見知らぬ海辺の町にたどり着きゃせんやろか?
もう9時も回っちまってるが、思い立ったが吉日だ。幸い風呂は済ませたし、晩メシかっこんで早寝して2時に起きよっ(^^)v




そんで晩メシにカニカマが出たワケです。
週末だけの通い妻のカミさんが、バス停そばのスーパーでお勤め品を仕入れて来たらしーのです。

だが俺はメシの具材とかにイチイチ口挟んだりウンチク垂れたりは決してしないヒトで、出されたものは黙ってたいらげる主義のヒトだから、何も聞かずに黙々とメシを食うのだ。

で、見た目カニカマを口に入れる。
‥‥カス漬けの味がする\(^O^)/
ボクは首をひねるよ。
ウチのカミさんは時々発作的にハイブリッドな献立を思いついたりしやがるからよ、新手のカニカマのブツ切り入りカス漬けとかやろか???とか思うじゃないですか。
で、カニカマひっくり返して、今度は裏から食ってみた。

やっぱシャバシャバしとってカス漬けの味がする。ってかカス漬けの味っきゃしない。
カニさんの風味も食感も微塵もない。




何か「変なの〜」とは思ったんですね。
でもどーせ箸で大きく二つかみ、もう食っちゃったもんね。呼べど叫べど、今さら時は戻らんもんね。
そーとも、時が戻るなら俺は俺は、あの日あの時あの場所の、、、そう、アレは高校二年の夏のハナシよ。
久保って友達がおってさ、コイツがとにかく世話好きなヤツでさ、俺は大体にしてズボラでオンナとかそんな興味ねーのにさぁ、、、

違う。\(__ )
そんなこたーどーだっていい。ツマビラカにしたところで誰も感心もせんし褒めてもくれんだろう。




ともかく時はカムバックしないのだから、もういーや何だってー、とか思って全部食っちゃったんですね、カニカマ。
ってゆーかカス漬け。
ってゆーかカス漬け味のカニカマ。

そんで食い終わってから、食器下げに来たカミさんに聞いた。
「コレってカス漬け、、、ですよね?」
カミさん瞠目して曰く、「否」と。
我、重ねて問うて曰く、
「カニカマいずくんぞカス漬けの味ならんや?」
どーいうワケか漢語調。しかも用法が違うが気にしちゃいらんねー。

だがカミさんは相手もせず、冷蔵庫の中から残りのカス漬け‥‥いやカニカマだったか?を引っ張り出し一口食ってそのまま吐き出し口をすすいで曰く、
「まだお店やってると思うんでチョッと行って来ます!!!」

イヤ、俺の心配をしろよ(^◇^;)

そんでおおよそ40分後、カミさん戻り来て曰く、
「大変申し訳ございません、ってお金返してくれて、お詫びにとお茶を一本もらいました。具合が悪くなるようだったらスグに連絡くださいとのコトでーす(^^)/」

‥‥また悲しからずや。。。



と、まぁこんなワケで、途中で腹くだしたらコトだからよ、さすがの俺も翌日は外出を控えて家に籠もっておりましたよヽ(`Д´)ノ

で、明けた翌々日の日曜、SundayMorning、日もスッカリ昇ってからトロトロとクルマ三時間走らせ、夜明けの漁り火またたく漁師町ならぬ、真っ昼間の遠州灘のビーチで見知らぬネーチャンとか撮って帰ってきましたよヽ(`Д´)ノ
それが風Photoの写真ですよーだ、べーだヽ(`Д´)ノ

‥‥人生至るところ青山あり。云々。





‥‥あ、腹は何ともなかった(^◇^;)

comments(0)trackbacks(0)  本文の先頭へ▲


夏が来ました。
吹き抜ける風の中で、この夏はチャリでも始めようかと唐突に思い立ったが、クロスバイク買う金がどこにもないコトに気付いて呆然とする今日この頃ではありますが、いかがお過ごしでしょうか、と。

最近のワタクシはと申しますと、相変わらずチョンガーやってます(^◇^;)

ゴールデンウィーク開けにですね、荷物ぜ〜んぶ運び込んで、やっとこさニョーボ子供と合流したのも束の間、わずか2週間後には妻のヒトと末娘のヒトは前の村に呼び戻されてしまいました、ぴーす(^^)v

いや、別に俺の家庭が崩壊しているとか、そーいうコトではないのよ。断じてない。ないと言ったらナイ!
そりゃぁチョッとは崩壊してるかもしらんが、あくまでもチョッとだ。
じゃ、そのチョッとってどのくらいだよ?と問われれば、、、そーさな、錆びたまんまのギターの弦かきむしってると指先が切れて赤い血が滲むじゃないですか、アレと同じくらい。
ぜーんぜん大したコトない。ぴーす。

つまるところ、前の村の都合で来年春までの二重生活を強いられたに過ぎん。
しかしどこからも何の手当も出ん二重生活ゆえに、慢性的に困窮状態にあるとゆーのだよ。
ロトも当たらん。けっ。
1、2年前の正月に大吉引き当てて勝ち逃げを決め込んだはずのミクジをもっかい引きに行くぞ、けっ。


だがまー、春までと違って完全に独り身ってワケではなく、休学中の息子と高2になった上の娘とネコ6匹が同居しってから、別にさみしくはないのだ。
‥‥って、独りでも別に淋しかねーけどよ。どーせ仕事終えて帰宅して風呂入ってギター弾いてようつべで格闘技観て寝るだけだもんよ。むしろ独りのほうが気楽でよかったのだよ。
年頃の子供がおると色々と気を遣うのだ。

んでも、メシの支度と弁当の作成と洗濯は娘がしてくれるし、風呂掃除は息子がバイトの合間にやってくれるから、家事から解放されてそれなりには助かっておる。
ちなみに掃除は、毎週末に妻のヒトがやって来て半日くらい頑張っておる。大丈夫大丈夫、カビも生やしてませんもの。

んで、チョッと量的に物足りんとは言え、娘がメシ作ってくれるからさー、去年の暮れからの一人暮らしで10kgばかりも痩せちまった体重も7kgほどは取り戻しまして。
だけんど6月・7月とメマイじゃ頭痛じゃ意識喪失じゃって不調が続いてて、体重の減りもハンパないしよ、実はこりゃもう夏まで持たんな、と心密かに覚悟しておったのだけど、何かこのところ元気です(笑)

もっとも、一昨日は会社で突然左肩が上げられなくなりましてね、水平より上げるとズキンと痛いんですね。
で、こりゃ大変だと思って、パートのミキんトコ行ってね、、、あ、ミキってのは本ブログ初登場だが、ルミと同い年のコで、歯痛薬やら風邪薬やらコーヒーやら、この半年いろいろ世話になっとるのな。
ってか、俺ってヒトの世話になってばっかやね(^◇^;)
まーいいや、そんで「手が上がんねーよ、四十肩かもしらん」って訴えたらば、「え?五十肩でしょ」って間髪入れずに返されて、イヤ問題はソコじゃねーだろうよっ。

んで、ラチがあかんから次に上長であるところの折サンとこ行って、「折サンは年寄りだから分かりますよね?これ、四十肩ですかね???」つったら、即座に「イヤ五十肩じゃない?」とか涼しげな顔して宣いやがるから更にイヤんなって、今度は爺さまが整体師やってる園ちゃん、、、これも初登場だがもう説明すんのメンドクセーや、要はルミやミキとママ友のパートの娘だよ。ちなみにこの3人に俺はしょっちゅう小銭を借りとるが、ちゃんと翌日には返しとる。あ、そーだ、全然関係ないけど折サンよー、先週俺が立て替えた備品代1780円、早く精算してよー。

‥‥その園ちゃんトコ行って「これは四十肩か?」と尋ねたら、「多分五十肩ですね」って‥‥(T.T)

あのなぁ、皆にヒトコト言いたいが、俺はまだ、一応、かろーじて、あと2ヶ月は四十代なの!!!
しかもタニタの体組織系が弾き出す体内年齢は27歳なの!!
大体園ちゃんだってこないだ、良い意味か悪い意味か知らんけどよ、「四十過ぎには見えませんよねー」つってたじゃんかよぉ。アレはオツムの出来の話か、モシカシテ。


で、俺は昭和の根性論で身体作ってきたオトコですからね、「故障は走りながら治せ」なんつー指導法の元育ってますからね、みんな頼りにならんから、強引に動かして治そうと思った。
職場の梁に飛びついて懸垂とかすれば治るはずと思った。

そしたら心優しいテンシオさんだけが、「無理に動かすとかえって悪化して治らなくなるよ、、、五十肩。」って、とりあえず的確なアドバイスをくれたんだが‥‥時すでに遅し(^O^)/


だけど、2m50cmばっかのトコにある鉄骨に飛びついての懸垂を一日繰り返してたらね、治っちゃいました、四十肩。
もう何ともないよ。

その代わり、身体を思い切り振っての着地に失敗したんで、今度は右足首を痛めとる。
走れんけど、チャリなら漕げる。

‥‥クロスバイク欲しい(^◇^;)






comments(4)trackbacks(0)  本文の先頭へ▲

  ↑これは半年前、ひとり越して来た頃の写真


引っ越し、つーか転居騒動が、よーやく(ほぼ)一段落着いた。
引っ越しのサカイさんよ、べりべりさんくす!
だが写真はないのだ。撮ってるヒマなんぞなかった\(__ )
何でかつーと、俺はサカイさん三人衆に負けず劣らず積み下ろし作業に従事してたからだ。俺にも日当をくださいm(__)m

そんで、まだ旧宅に積み残しの荷物がインプレッサ2回分くらいと、未回収のネコが5匹ばっかりおる(^◇^;)
ネコさー、この大騒動を直前に控えて、仔猫5匹産んだヤツが一ついましてね、そいつだけ仔猫とともに連れてきた。
だが写真はないのだ。撮ってるヒマがなかった\(__ )
何でかつーと、俺はメシさえ食えないほど駆けずり回って、今日の休日出勤も出来んかったからだ。
‥‥明日6時から出ますm(__)m

で、他のネコさん達はキャリーケースに放り込もうとしたら一目散に逃亡しやがった(^◇^;)
ま、今週中に説得して連れてくる。。。バカどもめが。
だから写真はないのよ。

しかしそれにしてもさ、狭っ苦しい2LDKの公営住宅から5LDKの一見大邸宅に見えんコトもない、、、まぁ見えんけど(^◇^;)、、、真っ当な家屋に引っ越したつーのに、何で荷物あふれて足の踏み場もないんスかね???
ってか、5LDKに収まらんほどのガラクタ一式、2LDKのドコに入っていたのであるか???

とか悩んでるヒマもないんですよね。とにかくヒト部屋でいいから片付けないと布団さえ敷けんとゆーのだ。
明日は6時に出勤するつーのによ。
ま、布団が5LDKのどこに埋もれてるかもわかんないんですけどさ。

‥‥ちなみに昨夜まで俺の寝床と化してたデッカいコタツの布団をめくるとアラ不思議、何故か親猫が仔猫に乳をやってて足さえ伸ばせないのでありました。


‥‥世の中はフシギがいっぱい\(__ )





comments(2)trackbacks(0)  本文の先頭へ▲


亀裂が入ったからしょーがない。

原発のハナシじゃないよ、俺のインプレッサだよ。
そう、あれは今を去ること三日前、それは月曜の帰宅途中の出来事である。
その日私は空きっ腹を抱え、暮れなずむ空の果てに目を遣りながら想い出の中に住むアイツやソイツや都々逸や、いや都々逸はイッコも関係ないが単にコトバのアヤだ、そーいうものの面影なんぞに静かに想いを馳せつつ、ちょっとシミジミモードで家路を辿っておったのだ。

途中で人里離れた山中の小店に立ち寄る。
禁煙はもう飽きたんで、帰り道ではタバコを買うのよ。
ま、やめる気になりゃいつでも止めれる。それは大した問題じゃーないのだ。

俺が立ち寄る時間にはちょうど、小店のオバチャンが店じまいの真っ最中だ。いつでもそうだ。
実はオバチャンとはちょっと仲良しなので、どうやら毎日、俺が寄るまで律儀に店閉めずに待っててくれてるらしい。
俺ァ別に販売機で買うから待っててくれんでいーんだけど、どーもオバチャンはよ、「店が閉まって無人になったら、このオトコは必ずや自販機を荒らして釣り銭をくすねたりするに違いない」とか頑なに思い込んでると見え、軒下に並べたキャベツやら大根やら切り花なんぞを慌ただしくしまう振りしながら店先でうろうろしてんのな。
もっと俺を信用しろ、つーのよ(^◇^;)

んで、いつものようにタバコ買ってたらオバチャンがひとしきり世間話した後で「リンゴはいらんかな?」とか言うのな。
俺はタダなら何でも慎んで頂戴するオトコだから、満面の笑みで「好きだよ、リンゴ好き!」とか叫びつつ、オバチャンに二歩ばかり詰め寄った。
そしたらオバチャンは三歩ほど後ずさりながら売れ残りのリンゴを2個くれまして、な〜んか気分いいじゃんねー。
ココロの底がほっこり暖かくなるのよ。いつ採れたリンゴだよ、とかそんなコトは思わないのよ。互いが幸せならばそれでよい。

で、俺とオバチャンは機嫌良く「じゃ、おやすみなんしょ」と田舎クセー挨拶を交わし、そんで俺は車に向かって歩き出したらアラ大変!
インプレッサのボンネットからは白い煙がモクモクモクモク、俺はビックリ仰天、驚天動地のそのあまり、手にしたリンゴを落とすところだったつーの。

水素爆発でも起こしやがったらたまんねーから、親にはぐれた仔猫のように抜き足差し足シノビアシでクルマに近付き、えいやとばかりにボンネット上げる。
シュワーとか蒸気が上がる。
そーとも、実は俺のインプレッサは玉手箱、私の名前は浦島太郎、、、ってそんなワケあるか。

んでもさ、俺には困った癖があって、窮地に陥ると何か無性に楽しくなっちゃうのな(^◇^;)
そんで笑いながら馴染みのスタンドに電話する俺。馴染みのスタンドは峠一つ向こうにある。

電話なのに身振り手振りで、時に噴き出しながら状況を説明する俺。少々パニクってると見える。
電話の向こうでは俺よりも深刻な声でスタンドの主が言う。
「テンペーさんな、水温計見ながらな、ゆっくり峠上がってな、そんで何とかウチまで辿り着いてな。もし途中で水温上がり出したらな、そこで停まってもっかい電話くんなよ」

はぁそーですか。
スタンドまでの距離は概ね10km、そのうち峠のテッペンまでが6kmくらいある。そこまで持つかがモンダイだと彼は言う。
持たなければ電話して、とも彼は言う。
だがしかし、小店の先のカーブを曲がりきってから峠の頂上まで、俺のiPhone圏外になっちゃうんですけどー(T.T)

‥‥ ‥‥ ‥‥

ま、辿り着きましたよ無事に。ラジエーターの配管に亀裂入ってましたよ、盛大に。
スタンドのオッサンと二人がかりでパテ塗って応急処置しましたけんども、気休めにしかなりゃしねー(^◇^;)
スタンドから我が家までさらに10km、その途中でも盛大に煙吹いてましたもん(^◇^;)

やがてオッサンから電話が入る。
「ユニット交換、純正なら7、8万。部外品なら6万、中古パーツが手に入れば2、3万。どれにする?」
「いっちゃん安いの!」
「ほんじゃ探してみるな」

それから三日、私は5km走る毎にクルマを止めてはボンネットを開け、助手席に積んだウーロン茶2リットルのペットボトルの中の水を継ぎ足し継ぎ足し日々を過ごして来たとゆーのだ。

だがしかし、ついさっきスタンドから電話あった。
福島の6万km走ったインプレッサの中古パーツが手に入ったそうな。距離数のワリに極上品だそうな。ま、俺のインプは13万kmだかんね。
明日中に取っ替えてくれるって。
「GWだし、早く直して出掛けたかろーもん?」
いや、誰かから誘いでも来んかぎり出掛けませんけどね。
でもまー、直らなきゃネコの餌買うために往復10回、途中停車して水入れにゃならんもんねー。そりゃ明日直ったほうがいい。断然いい。

それにしてもよりによって福島とはなー。どうやっても原発の話題から逃れられないサダメと見える(^◇^;)




-, -  本文の先頭へ▲
R0010168.JPG


温度差が激しいせいか、一度体調崩すとなっかなか戻ってくんない。だからと言って床に伏すほどでもないから、中途半端にキモチワルイまま風に吹かれるコトになり‥‥おお、快なり\(^O^)/
‥‥バカかもしらん‥‥orz

ま、しかし、GX200の試し撮りしたくてしょーがないから街へ出た。
俺の村と違って今年はまともな雪など積もってなかった街も、昨日・一昨日の雪に覆われて、空気は冷やっこくアチコチ白い。

雪など撮りたくはない。そんなものは村で毎日K10Dで撮るからいいのだ。
何が悲しゅーておニューのGX200ぶら下げて街まで出て雪景色撮らにゃならんの?

などと呟きつつ、仕方なく撮る。↑
盛大にゴーストが出てるが、こーいうのは嫌いじゃないからいいのだ。むしろ逆光でここまで描写出来ることに驚く。

そんでISO64。
前評判で聞いてはいたが、ハッキリ言ってノイズ乗りはひどい(^◇^;)
これ(↑)は最低感度のISO64で撮ったから等倍でも見れる。
が、とりあえず使い物になるのはISO200まで。322あたりでは既に影の部分は鑑賞に耐えない。↓

R0010192.JPG


これは↑500×500にリサイズしてるから一応見れるが、このレベルでも倍の1000×1000ですでに看板や黒セーターはアウトである。タブロイド版かよ、ってくらいにザラザラ。
ま、そーいうのが好きなヒトにはよかろうが。
結局ISO感度の上限は200の設定にしちまったのだけど、夕景で200止めは厳しいんだよな〜。

ところで上の写真は「クレープ」という食物で、こげなトコ↓で売ってた。

R0010189.JPG


俺、食ったコトないんです、クレープって(^◇^;)
もちろんその昔、渋谷・原宿なんぞを闊歩してた頃、、、「闊歩」とか言うと何だかカッコイイが、肩で風切って歩いてた頃、って言い換えてもカッコイイから良いのだが、実際はサマヨってただけ(^◇^;)
もしくは迷ってたかもしらん(^◇^;)

でーい、そんなこたーどーでも良くて、その闊歩してた頃、同行のヒトが女性だったりすると結構このクレープとやらを食してた記憶はあるのだが、俺は食っとらん。

だって似合わんでしょ。クレープとかカジりながら、いやカジるものかどーかもよくは知らんのだけど、こーいうの片手に街を歩けるのはポップなブルジョアっしょ?
「ポップなブルジョア」つーのもよくはワカランけど、少なくとも野良犬が食いっぱぐれた夢の代わりに漁るものではあるまいよ。

‥‥今、俺、さりげなくカッコイイコト言ったよね、ね?(^◇^;)

とにかくそーいう風に感じておるゆえ、俺はこーいうものからは後ずさって逃げるコトにしてるのだ。
写真は撮るが。

R0010191.JPG


そんで今後とも、一生涯クレープなるものを食うコトはないのだろうな、などと思うと少し悲しくもあるが、まーいいや。どーせ試してみたところで食い方が分からず右往左往して笑い物になるのは目に見えておるし(^◇^;)

イヤ、食いたくないんだって、ホントに。関心ないんだってば!ウソじゃねーよ!!

R0010170.JPG


そー言えば「パフェ」ってヤツもキチンと食ったコトはないが、これに関してはサ店やってた頃自分で作ってた。
‥‥俺、リンゴの笹切り12段とか巧いんだぜ(*^^*)
ペティナイフ2本使ってカットすんのな(*^^*)
で、その頃、作りながら結構味見してたのな、パフェだけは。

‥‥‥‥恥ずかしながらウマかった(^◇^;)

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ




-, -  本文の先頭へ▲

site information

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
designed by